子供たちの未来を守りましょう   

子供たちに美しい日本を残したい。この国の幸福を実現する「幸福実現党」を応援します

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまった(伝説の更新)の続き

前回の日記のその後

幼稚園から帰ってしばるくすると
ムスコは 思いだしたように 「今日 お弁当 二個入ってたよ」とおとがめ口調

よくよく話をきくと
最初に大きい方のお弁当箱を出して
食べる前に もう一個 お弁当箱が入っているのに気が付いたんだと

自分のお弁当箱を広げた時
大好きなシャケとコロッケが入っていて
「おいしそうだったのに」
お弁当箱ごと床に落っことし 食べられなくなりました

速やかに 掃除し終わった先生は
「じゃあ こっちを食べな」と大きい方のお弁当箱をさして仰ったそうな

先生 なんと思ったかな
どんな顔してたかな

タイミング良くというか

なんで 今日に限って お弁当箱落とすかな~
スポンサーサイト
▽コメントリスト

やっちまった(伝説の更新)

今朝 ムスコが幼稚園に行く前に 体に合わない大きなリュックを背負った後

「なんか、今日はいつもより重たいな~」

「上履きも入ってるからだよ。お弁当たくさん入ってるからかな~」と適当にあしらっときました


ムスコが登園した後 幼稚園ママの集まりに参加するつもりで作った 自分のお弁当をカバンに入れようとしたら

ない ない 探してもない



さては リュックが重いと言っていたのは 気のせいではなかったのか


おそらく ムスコのリュックの中には 小さいお弁当箱と 大きいお弁当箱が入っているでしょう

少し 気が遠くなったあと 大笑いしてしまいました

リュックを開けた後 ムスコはどんな顔をするでしょうか

帰ってきたら なんて言うでしょうか

やっぱり~ マスコミが増税反対を言わないのは訳があった

前回も書かせてもらいましたが 今、国民の6割は増税反対で

過去、消費税導入したときと 税率を3%から5%に上げたとき

景気が悪くなって税収は減っていき 自殺者が3万人を超してしまったこと

事実としてはっきりしていることを マスコミは言わないし 増税の批判もしませんね


今 増税したら 景気が悪化して 中小企業が倒産するわ 自殺者が増えるわ

大きな企業は電力不足もあって海外に逃げ出し 税収は減り

生活保護を受ける人が増え 社会保障費は膨らみ 人口減少の日本はころころと坂道を転がっていくでしょう

だから デフレの今は増税してはいけません

というようなことを「幸福実現党」は言っているわけですが この当たり前の正論がテレビや新聞からは

流れてきませんね~ なんかあやしい 何かあるんだろうな~

そしたら あった

服部 聖己さんのブログより「必死に増税を行おうとする財務省の汚い手口」

http://ameblo.jp/happpy-sammy/entry-11181074437.html

大人なんて汚いわ~(自分もいい歳

財務官僚の都合のいいように国民を不幸にするなんて独裁国家じゃあるまいし


『消費税率を上げても税収は増えない』

久々の更新です  天照大神もお怒りだし 

ネット上には日本がキライな人達が大活躍して 世論誘導してるらしいし 

何より増税されたら困るわ

年収500万の世帯で負担増が30ウン万とも40ウン万とも聞きましたよ

幼稚園代吹っ飛びます ボーナス吹っ飛びます 絶対困る  今までどおりの生活はできませぬ。 

だから ありんこ のじたばたかも知れないけど「幸福実現党」と 書籍のPRをさせていただきまーす



今年はお正月早々に地震があって、日本の神様たちもお怒りなのかな~なんて ぼんやり思っていましたが

天照大神様かなり怒ってますね 厳しいです。

H0345.jpg

ちょこっと抜粋

『しかしながら、現政権は、東日本大震災における神罰を逆手に取って、大増税の理由にしようとしている。それも、被害額を

埋めるための一時的な増税ではなく、恒久的に増税を重ねていこうとしている。そういう戦略を明確に打ち出している今の内

閣には、許しがたいものを感じております。
 
 私は、この本の中(前掲書)でも述べましたけれども、今、国会は悪魔に占拠されています。
 
 悪魔による、この国の支配は断固として許しません!』

あとがきより『「子孫に国の借金を残さない」という美名のもとに、「子孫に恒久的に高額税制を残そう」としているのである。』


過去、消費税導入したときと 税率上げたとき どちらもその後 景気が悪くなって 税収が減って、

自殺者が増えて 三万人超えてしまったんですよね。

今、こんな大増税したら もっと ひどいことになりそうですよね。

はっきりと データが示していることなのに なんでテレビや新聞は

このことについてなにも言わないんでしょうかね。怪しいかおりがしますね~。

00:45のあたりから消費税率上げても税収が増えない説明があります。
           ↓              



私たちの子供達の未来が 働いても働いても お上に取り上げられ 希望の持てない社会になりませんように

被災者の方々の生活が 私たちの生活が苦しくなりませんように

野田総理は景気回復が考えられないなら「幸福実現党」にお勉強に行ってくれ

『震災復興への道』

皆さま、おはようございます。
3月15日に収録された大川隆法党名誉総裁『震災復興への道』の要約を2回に分けて掲載させて頂きます。(本要約は幸福実現党にて作成致しました。質疑応答の内容は別途ご紹介致します。)
☆゜・:.。. .。.:・゜
【大川隆法党名誉総裁『震災復興への道』要約】

・鳩山前首相が掲げた「コンクリートから人へ」という標語、「八ツ場ダム建設中止」「スーパー堤防の予算削減」など、民主党政権が言ってきた象徴的なことが、ひっくり返り、裏目裏目に出ているように感じます。

・上空から津波のあとを見たら、残っているのはガシっとした鉄筋コンクリートの建物です。堤防に関しても、コンクリートでつくったものは、そのまま残っています。

・津波の高さの予想が間違っていただけで、もう少し高いところまで上げておけば、被害は相当なところまで防げたはずです。コンクリートの部分が生命の安全を守ることが分かっていなかったようです。

・また、現在、原子力発電所の問題が出ていますが、政権発足当初、八ツ場ダム建設中止によって水力発電による自然のエネルギー源を枯渇させる方向の判断をしました。

・生態系の問題もあるのでしょうが、人間の命は大事です。水力発電は決して馬鹿にしたものではなかったと思いますが、大きな判断ミスを犯したのではないかと思います。

・今後の復興策としては、最初は緊急措置的なものになるでしょうが、短時間の間に、大きなビジョンでの復興計画を練らなければいけないと思います。

・津波が危険だと思われるところには20メートルくらいまでの堤防をつくり、川が逆流するところについては、門を閉められるようにしておけばよかっただろうと思います。お金を惜しんだだけで、技術的には可能な話です。

・原発については、緊急時の対策をもう一段取るべきです。

・シェルター構造を、外側につくって、半径数百メートル以内で完全シャットアウトする方法はあるだろうし、地震や津波、爆弾等でやられたときの二次災害を止める方法は、考えればあると思います。お金を惜しまずにもう少し研究すべきではないかと思います。

・ただ、原発は少量のウランから、半永久的にエネルギーが取り出し続けることができるものなので、人類にとっては便利なものです。

・これに替わるエネルギー調達源が出てこない限りは、原発を簡単に手放したら、油に頼ったエネルギー経営になりますので、国防上も危険ですし、産油国に経済を翻弄されることになります。

・よって原子力に対するアレルギーだけを拡大していくのは、よくないことだとも思っています。

・さらには、もう一段ガシっとした津波で流されない程度の建物をつくること、また、空中や地下の有効活用をするべきです。また、小さな道路が多すぎるので、もう少しきちっとした道路をつくらなければいけないでしょう。(つづく)
☆゚・*:.。. .。.:*・゚
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp
◎ハピレタWebサイト http://happinessletter.blog111.fc2.com/
◎購読申込(携帯用) http://mobile.mag2.com/mm/0001054021.html
◎ご意見・お問い合わせ happinessletter77@yahoo.co.jp
◎Happiness Letter
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=0001054021


ご案内

文字サイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

参院選候補者ブログ

サポーターズブログ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

ayumama

Author:ayumama

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。